トーキングマラソンとスピークバディを徹底比較!あなたに最適なアプリはこれに決まり!

トーキングマラソンとスピークバディを徹底比較!英会話教材・アプリ

トーキングマラソンもスピークバディも、どちらも人気のある、AIを使った英会話学習アプリです。

ある程度英語を勉強したことがあり、会話の瞬発力を鍛えたい方にはトーキングマラソンがおすすめ。

これまであまり英語を勉強していないが、自分のレベルに合わせた勉強がしたい方にはスピークバディがおすすめ。

この記事では、トーキングマラソンとスピークバディの特徴を詳しく解説していきます。

あなたに最適なのはどちらのアプリか、じっくり検討してくださいね。

\2週間無料お試し付き/
\今すぐ1週間無料体験/

アプリのダウンリードはこちらから
↓↓↓

あなたにはトーキングマラソンとスピークバディのどちらがおすすめ?

トーキングマラソンもスピークバディも人気の英会話学習アプリですが、それぞれに向いている人いない人がいます。

どんな人にトーキングマラソンがおすすめで、どんな人にスピークバディがおすすめなのかを見ていきましょう。

トーキングマラソンがおすすめできる人

トーキングマラソンは、中学校レベルの英語で会話に頻出するフレーズを身につけることを目的にしています。

中学英語がよくわからない人は、まず、基礎を勉強してから取りくまないと全く役に立ちません

  • 中学英語は理解できる人
  • スピーキングに特化したトレーニングをしたい人
  • 会話の瞬発力を鍛えたい人
  • 発音を矯正したい人
  • 人前で話すのが苦手なので、AIを使った練習がしたい人

上級者でも、会話フレーズは苦手、という人にはおすすめのアプリです。

スピークバディがおすすめできる人

スピークバディは、トーキングマラソンよりも最低レベルが低く設定されています。

その分、より多くの人が取り組みやすいアプリといえるでしょう。

  • 自分の英語レベルをアップさせたい人
  • さまざまなシーンにおける会話を練習したい人
  • レベルを上げながら、アプリを継続利用したい人
  • 発音を矯正したい人
  • 人前で話すのが苦手なので、AIを使った練習がしたい人

上のような人におすすめのアプリです。

トーキングマラソンとスピークバディのそれぞれの特徴

トーキングマラソンとスピークバディの特徴を並べて比較してみましょう。

トーキングマラソンは、英語の映画・ドラマ、フレーズ集を徹底分析して制作した「キクタン英会話」の520個の頻出フレーズをベースに会話シーンが作成されています。

トーキングマラソンの特徴は以下のようになります。

  • 75,000語、520のフレーズ
  • 6秒以内に答えて英語の瞬発力を鍛える
  • 1日2回スキット(会話)が届く
  • 毎月オンライン英会話の無料クーポン

トーキングマラソンについては、こちらの記事もあわせて参考にしてください →→→ トーキングマラソンがあればオンライン英会話は必要ない?一気にレベルアップするにはこう使おう!

スピークバディはレベルに合わせて、さまざまなシチュエーションでの会話がトレーニングできるアプリです。

スピークバディの特徴は以下のようになります。

  • 英語初級~上級までレベル別に学習
  • 日常会話・ビジネス英語・英会話入門他多彩なコース
  • 自分に合った学習カリキュラムを作成
  • 多彩なAIキャラクターと楽しくトーク

トーキングマラソンとスピークバディの違い、イメージできましたか。

トーキングマラソンとスピークバディの料金を比較

次に、トーキングマラソンとスピークバディの料金をくらべてみましょう。

料金は次のようになります。

トーキングマラソンスピークバディ
月額(税込)4,378円3,300円
6ヶ月プラン(税込)17,800円
2,967円/月
12ヶ月プラン(税込)23,800円
1,983円/月

トーキングマラソンは、月額プランのみです。

520のフレーズは、おおよそ4か月程度でこなせるボリュームです。

4ヶ月で終了したとして、スピークバディの6ヶ月プランとほぼ同じ金額になります。

あと、毎月1回、QQイングリッシュでオンライン英会話を受講する権利があります。

それも考えると、4か月で17,512円は決して高くはないでしょう。

一方、スピークバディはフレーズの数ではなく、レベルを上げながら英語力を向上させるアプリです。

3ヶ月で2レベルアップする人が多いとのことですので、6ヶ月~12ヶ月継続すれば結構英語力が向上しそうですね。

どちらも、そんなに高額ではない投資で、英語力の向上が期待できそうです。

あなたならどちらを選びますか。

トーキングマラソンとスピークバディのメリットとデメリットは?

トーキングマラソンもスピークバディもどちらも素晴らしいアプリです。

ここでは、あえて、メリットとデメリットを整理してみたいと思います。

トーキングマラソンのデメリット

トーキングマラソンのデメリットとしては、レベル別ではないこと。

学習者のレベルに関係なく、同じフレーズを学習します。

中学英語が理解できる程度の人と、さらにレベルの高い人が同じ課題に取り組まなくても、と思ってしまいます。

トーキングマラソンのメリット

トーキングマラソンのメリットはフレーズをマスターしなければ終わらないこと。

質問に、ヒントの英文は表示されません。

自力で、英語で答えない限りいつまでも同じ課題を繰り返すハメに。

また、フレーズは繰り返し出題されるので、嫌でも覚えさせられます。

人間は忘れやすいので、うれしい工夫といえるでしょう。

スピークバディのデメリット

スピークバディのデメリットは、ヒントが多いこと

英文が結構表示されるので、意識して覚えないと、カンニング状態になってしまいます。

スピークバディのメリット

スピークバディのメリットとしてはレベル別の豊富なコンテンツが準備されていること。

その中で、リスニング力・語彙力の知識もレベルアップできる工夫がなされていること。

更には、よく褒めてくれること。

スピーキング力の向上や、発音のトレーニングのためのアプリですが、AIキャラクターがよく褒めてくれます

人間、褒められると脳がやる気を出し、学習効果が高まることは有名な話。

そういう細かい工夫がうれしいところです。

トーキングマラソンとスピークバディの違いについてのまとめ

トーキングマラソンもスピークバディも、どちらもAIを利用して英会話力を向上させるためのアプリです。

トーキングマラソンは中学英語程度は大丈夫だけど、会話の時に中々言葉が出てこない人におすすめのアプリ。

会話の中で、すぐに受け答えのできるフレーズを鍛えたいという方におすすめ。

スピークバディはどんなレベルの人にも対応できるので、これから英会話のレベルを上げていきたいという方におすすめです。

どちらを選んでも、あなたの英語力向上の役に立つことは間違いないでしょう。

\2週間無料お試し付き/
\今すぐ1週間無料体験/

アプリのダウンリードはこちらから
↓↓↓

#英会話 #アプリ #比較

コメント

タイトルとURLをコピーしました