シャドテンでの正しいシャドーイングのやり方は?学習の進め方7ステップと注意点などを詳しく解説!

アフィリエイト広告を利用しています

シャドーイングの正しいやり方は?英会話教材・アプリ

この記事では、シャドテンを使ったシャドーイングのやり方や、注意点などを詳しく解説しています。

シャドーイングは正しいやり方で取り組むと、リスニング力向上効果が期待できます。

シャドテンを使うと7つのステップに従えば、正しいやり方でシャドーイングが進められるので安心です。

ただし、シャドテンでシャドーイングを進めるにあたって注意点もあるので、詳しく説明していきます。

シャドテンを使ったシャドーイングのやり方について詳しく知りたい方は、この記事を参考にして下さい。

シャドテンのサービスについて詳しく知りたい方は、以下のリンクより公式サイトをご確認ください。

\7日間の無料体験でシャドーイングを実践!/

シャドテンでのシャドーイング学習のやり方7ステップ

シャドテンでのシャドーイング学習のやり方は、次の7つのステップになります。

  1. レベルチェック
  2. 音声教材を選ぶ
  3. シャドーイングの方法を確認
  4. シャドーイングの自主練習
  5. 録音して提出
  6. コーチからの添削返信
  7. シャドーイングの矯正練習

これら7つのステップに従ってシャドーイングのトレーニングを進めることで、効果的に、効率よくリスニング力を鍛えることができます。

それぞれ、詳しく説明します。

1. レベルチェック

自分の英語レベルを知るために、事前にシャドテンから送られてくるレベルチェックテスト(ディクテーションテスト)をスマホで受けます。

2024年6月よりディクテーションテストの結果から教材を勧めてもらっていたのが、アプリ内で英語学習に関してヒアリングを受ける方式に変更になっています。

この新方式については現在情報を集めております。まとまり次第、記事に反映させますので、定期的に本記事をご確認ください。

結果は、英語の速度の指標であるWPM(1分当たりの単語数)という指標で示されます。

レベルチェックテストは定期的に受けることができますので、あなたのレベルアップに応じて教材レベルもアップすることになります。

2. 音声教材を選ぶ

音声教材には音声スピードWPM(1分あたりの単語数)が示されています。

レベルチェックの結果に相当するWPMの教材を選ぶとよいでしょう。
その他の目安としては、1回聞いて半分くらい理解できるものを選ぶとよいでしょう。

音声教材はカテゴリー分けされているので、自分の興味のあるカテゴリーの中から適切なWPMの教材を選びます

3. シャドーイングの方法を確認

練習に入る前に、シャドーイングのやり方を動画で確認します。

あわせて、「リスニング力UPの要:音の変化情報」のようなリスニング力向上の助けになる情報も確認します。

4. シャドーイングの自主練習

メインとなるシャドーイングの自主練習の進め方は、次のようになります。

個人差はありますが、練習時間は30分程度です。

  1. 音声を聞く
  2. 意味を調べて内容を理解する
  3. オーバーラッピング
  4. シャドーイング

これら4つのポイントをしっかり押さえた上でシャドーイングを進めないと、思った成果が得られません。

4-1. 音声を聞く

まずは、音源に集中してしっかり音声を聞きます。

4-2. 意味を調べて内容を理解する

文章の中で意味が解らない部分や、知らない単語があれば調べて、全体の意味が分かるようにしておきます。

4-3. オーバーラッピング

文字を読みながら音を聞いて、音源と同じタイミングで発話します。

シャドーイングの口慣らしとしての練習になります。

4-4. シャドーイング

音源を聞いて影のようにまねをしながら後ろをついて行くトレーニングです。

「しっかり聞いて、自分の口でまねをする」ことを意識してください。

5. 録音して提出

自分なりにシャドーイングができるようになった段階で、録音してコーチへ提出します。

録音モードでは、スクリプトは表示されません。

録音は2回までできます。

コーチに指導してもらうのが目的なので、初めから完璧をめざさなくても大丈夫です。

6. コーチからの添削返信

コーチからの添削結果は24時間以内に届きます。

シャドーイングの良いところ、改善すべきポイントがフィードバックされます

特に音がつながる部分など、独学では気づかない点を丁寧に指摘してくれます

7. シャドーイングの矯正練習

良い点はそのまま、指導された点は積極的に矯正練習をしていきます

練習ができたら、コーチに再提出。

添削、矯正のサイクルは全部で4日間継続します。

4日間繰り返すと、2に戻って新しい教材で、2~7のサイクルを回します。

次の見出しで説明する内容にも注意しながら、7つのサイクルをこなしていきましょう。

シャドテンでのシャドーイングをトレーニングするときの3つの注意点

先に説明したシャドテンの7つのステップに従ってトレーニングをすると、リスニング力の向上が期待できます。

そのためには、次の3つに注意しながら進めてください。

  • 背伸びした教材を選ばない
  • 英文を覚えるのではなく、耳を使って音を聞く
  • 毎日継続する

英語学習全てに当てはまりますが、背伸びをしても力はつきません。正しいやり方で継続することがポイントです。

背伸びした教材を選ばない

レベルチェックテストで判定されたWPMを参考に、教材を選びます。

1回聞いて、半分くらいが理解できるレベルがシャドーイングの教材として丁度いいレベル。

楽だからと簡単すぎる教材を選んだり、早くレベルアップしたいからと難しい教材を選んでも、全く自分のためになりません。

英文を覚えるのではなく、耳を使って音を聞く

シャドーイングの練習を何度も繰り返すうちに、ある程度英文を覚えてしまうかもしれません。

けれども、頭の中にある英文を自分の発音で言うのではなく、とにかく耳で聞こえた音にこだわること。

覚えた英文をそのまま口に出すだけでは、英語の音を聞き取るというシャドーイングのトレーニングにはなりません。

毎日継続する

耳は音を認識できるようになっても、しばらく聞いていないと忘れてしまいます。

耳に完全に英語の音が定着するまでは、理想は毎日、無理でも2日以上は間をあけずに継続することが大切です。

地味ですが、半年、1年と積み重ねると大きな差が出てきます。

シャドテンでは定期的にキャンペーンも行っています。こちらの記事に詳しく紹介していますので、参考にしてください。 →→→ 【2024年7月】シャドテンのキャンペーン!割引や優待情報を詳しく紹介!

シャドテンならではのシャドーイングに対する3つのポイント

シャドテンにはシャドーイングに対して、次の3つの特徴があります。

  • プロのコーチが添削指導してくれる
  • 時間にとらわれない
  • 発音も良くなる

シャドテンでシャドーイングのトレーニングをすると自力トレーニングでは決して得られない多くの気づきと成果が得られます。

あなたのペースで空き時間を上手に利用て、プロのコーチに効率よくシャドーイングのやり方を指導してもらい、リスニング力と素晴らしい発音が手に入る。

これがシャドテンです。

シャドテンではコーチがシャドーイングのやり方を指導してくれる

シャドーイングの本質は、自分が知らなかった英語の音を正しく覚えることです。

自分の知らない音を知っている音に変えるには、声に出してお手本を完全に真似ることです。

このとき、やり方を間違えると「正しくない発音」で覚えてしまう可能性があります。

コーチが的確に発音の指導をしてくれるシャドテンだからこそ、正しいやり方でシャドーイングのトレーにイングができます。

時間にとらわれないシャドテンは忙しいビジネスマンにもうれしい

シャドテンを進める上での大きなメリットの1つとして、全く時間に制限がないことがあります。

仕事に忙しいビジネスマンにとって、時間を予約しての勉強は、なかなかやりづらいものです。

シャドテンのシャドーイングトレーニングのやり方は、まずは自分でシャドーイングの練習をして、最後に録音したものをコーチに提出します。

コーチに録音を送るタイミングに制限はありませんので、自分の都合にあわせて送ってください

朝食を食べながら、電車を待ちながら、トイレの時間に、お風呂で、など時間を有効に活用して、将来なりたい自分を目指してリスニング力を鍛えてください。

シャドテンならシャドーイングをしながら発音矯正も同時にできる

シャドテンでは、プロのコーチがあなたの発音やリンキングなど発音の悪い点を、こと細かく修正してくれます

その添削結果をもとに、教材と同じ音で発話できるように練習します。

その過程で、自然と発音矯正ができます。

きれいな発音が手に入ると、会話において相手に理解してもらいやすくなり、ますます英語力の上達が加速します。

多くの教材が使えるので実践的なリスニング力が得られる

シャドテンには、シャドーイングしながら学べる1,000以上の教材が用意されています

シャドテンの教材は、シャドーイングのために作られたものではありません。

アメリカ英語はもちろん、イギリス・カナダ・オーストラリア英語にも対応していて、4カ国の英語を聞くことができます

下の表に一例を示しますが、実際のスピーチやインタビューなどの音声を使用します。

ジャンルタイトル
ビジネススティーブ・ジョブス「Stay hungry, Stay foolish」
マーク・ザッカーバーグ「ハーバード卒業式演説」
スポーツ本田圭佑「なぜ英語学習をするのか?」(2022)
音楽テイラー・スウィフト「VOA Border Crossing」の単独インタビュー(2009)
映画レオナルド・ディカプリオ 「第88回アカデミー賞 主演男優賞受賞時インタビュー」(2016)
ブライアン・メイ 映画「ボヘミアン・ラプソディ」やクイーンに関するインタビュー(2019)
政治バラク・オバマ「国連総会での最後のスピーチ」(2016)
ジャスティン・トルドー「カナダ首相によるLGBTQ2への謝罪スピーチ」(2017)
試験対策TOEIC® L&R
TOEFL®
IELTS実用英語技能検定(準1級・2級)

実際に話されている英語ですので、その音が会話の中で聞こえてくる音になります。

シャドテンでは、このように生きた教材でトレーニングをするので、実践的なリスニング力を身に着けることができます。

また、練習して身に着けた例文については、そのまま会話にも活用できます

シャドテンでシャドーイングに取り組んだ人たちの口コミを紹介

シャドテンでコーチの指導のもと、正しいやり方でシャドーイングを続けた結果、次のようなレベルアップを実感したという多くの口コミがあります。

  • リスニング力向上が実感できた
  • 短期間で発音が良くなった

また、コーチの添削については、以下のようにシャドーイングに対して役に立ったという意見が非常に多いです。

  • すぐに添削を返してもらえた
  • 苦手なところに対して、繰り返し指導してもらえた
  • 正しい技術や知識を知ることができた
  • 的確な指摘により、自分の弱点が克服できた
  • 自分では正しいと思っていた発音に対する気づきがえられた

これらの内容については、こちらの記事で詳しく説明していますので、参考にしてください →→→ シャドテンの料金は高い?口コミ・評判を調べて分かった成功者に共通する3つのポイント!

シャドテンは忙しいビジネスパーソンに向いているサービス

「添削が素晴らしい」と評判のシャドテンですが、特に次のようなビジネスパーソンに向います。

  • 効率的にリスニング力を強化したい人
  • シャドーイングの正しいやり方・発音をプロに指導してもらいたい人
  • 限られた時間の中で効率的に勉強を進めたい人

忙しいビジネスパーソンは、英語力向上に時間をかけていられません。
シャドテンは、そんな忙しい人たちに大いに重宝されているプログラムです。

改めて確認、シャドテンはシャドーイングの添削サービス

シャドテンは下のような特徴のあるシャドーイングの添削に特化したサービスです。

  • プロによるシャドーイングの添削指導が受けられる
  • スマホがあればどこでもできる
  • 料金は月額21,780円(税込)のみとシンプル

これらの特徴を最大限に活かすための一番大切なポイントが、シャドーイングの音声添削指導です。

シャドテンでのシャドーイングのやり方についてのまとめ

シャドテンでのシャドーイングのやり方は、7ステップ!

プロのコーチの指導のもと、正しいやり方でシャドーイングをしながらトレーニングすることで、効果的にリスニング力を向上できます。

シャドテンでシャドーイングは、トレーニングの時間はだいたい30分くらい。

自分のレベルに合った教材を、耳を徹底的に使って音を聞いてまねる。

これを継続することで正しい発音も身につき、リスニング力のみならず総合的な英語力向上が期待できます。

世界のビジネスシーンで通用するリスニング力が手に入るシャドテンは、こちらの公式サイトより申し込めます。

\7日間の無料体験でシャドーイングを実践!/

コメント

タイトルとURLをコピーしました