勉強しても英会話が上達しない! その原因とおすすめの学習方法を紹介します!

勉強しても英会話が上達しない!英会話のツボ

勉強してもなかなか英語が上達しないと嘆くビジネスマンの方へ。

今のグローバル化社会の中、もはや英会話を避けて通ることは出来ません。

ではどうすれば最小限の労力で最大限の効果をあげられるのか。

3ヶ月後、半年後の目標を明確にすることです。

半年後にTOIECスコアを100点up、英会話スクールでのレベル判定を1ランクupのような明確な目標。

日本企業と外国企業が一緒になって働くことも多くなりました。英会話が上達すれば外国人との会話も不自由なく話せます。日本以外で働くことも視野に入れることができます。

この記事では、英会話が上達しない原因や英語が上手くなる方法をアドバイスします。

英会話が上達しない原因はこれだ

英会話が上達しない理由は、インプットとアウトプットのバランスが悪いことにあります。

英会話は、学習量が多ければあるレベルまでは上達します。

インプットとアウトプットのバランスが良ければ、ゆるい上達の後、急激に上達することが多いです。

しかし、インプットの量が少ないと、あるところで上達が止まってしまいます

なぜなら、アウトプットできる適切な表現が見つからなかったり、相手の言っていることが理解がすすまないからです。

英会話を上達したい方は、英会話スクールに通ったり、オンライン英会話を利用している人が多いでしょう。

予習、復習、自己学習は知識のインプットと定着の部分。

レッスンはインプットした知識のアウトプットの練習の場です。

  • インプット:予習・復習・自己学習
  • アウトプット:英会話スクール、オンライン英会話

英語ではスピーキングのみを上達させることは簡単ではありません。基礎、つまりインプットがあってこそのスピーキングであったり、リスニングであったりします。

新しいインプットが少なく、アウトプットの練習ばかりに偏っていては、英会話のレベルを今より高めるのは難しいでしょう。

英会話が上達する人の特徴

英会話が上達する人には次の2つの特徴がみられます。

  • 英会話上達の明確な目標がある
  • 間違えても恥ずかしがらない

英語が上達する人は、ある一定期間に、どのレベルにまで英会話力を引き上げるという明確な目標を持っています。

言い方をかえると、上達が遅い人は、期間を決めずに何となく勉強を継続していたり、目標があいまいということです。

また、上達の早い人はもっと外国のこと知りたい、コミュニケーションを深めるために英語のフレーズを知りたいというマインドがあることが多いです。

外国の文化を理解したうえで、短期間で具体的なレベルアップの目標をもって勉強に取り組む。

こういう人は、英会話の上達が早いですね。

また、上達の早い人はアウトプットの量が圧倒的に多いです。積極的に英語を話します。

逆に、上達の遅い人は、間違えたら恥ずかしいと思い、スピーキングの量が少なくなる傾向があります。

外国人は、へたくそな日本語をどんどん話してきますよね。なので、彼らはあっという間に日本語を上手に話せるようになります。

あなたは外国人です。英語を間違えるのは当たり前。

積極的にスピーキングすることを心掛けましょう。

英会話が上達する方法はこれだ

英会話を上達させるにはやはり、英会話スクールやオンライン英会話を利用することになります。

なぜなら、実際の会話でアウトプットの練習をする場が、日常生活の場ではほぼないからです。

本気で英会話を上達させたいなら、あなたの英語学習の進み具合を管理してくれるスクールがおすすめ。

自分任せだと、どうしてもインプットが少なくなりますからね。

忙しいビジネスパーソンのあなたは、自由な時間も少ないでしょう。

ならば、オンラインでトレーナーが進捗管理してくれるスクールを利用するといいでしょう。

このようなシステムの英会話スクールとしては、有名な英会話スクールベルリッツが展開する、オンライン英会話と自己学習を組み合わせたベルリッツフレックスがあります。

こちらの記事でくわしく紹介していますので、気になる方は参考にしてください。

→→→ベルリッツフレックス(Berlitz Flex)の料金は高い?1日当たり○○円でこの特徴!

→→→ベルリッツフレックス(Berliz Flex)の評判は?ネット上の口コミを一挙公開!

→→→ベルリッツフレックス(Berliz Flex)の無料体験会 内容を詳しくレポート!

英会話の上達についてのまとめ

忙しいビジネスパーソンのあなた。

英会話の勉強は短期間で効率よく進め、ビジネスの実践で使える英語を身に着けたいですね。

そのために必要なのは、3ヶ月後や半年後の明確な目標設定が大切。

オンライン英会話でのアウトプット練習だけでなく、予習、復習、自己学習といったインプットも積極的に行うことが必要。

これらをサポートする方法として、進捗管理をしてくれるスクールなどを利用しましょう。

#英会話 #オンライン英会話 #上達 #話せるようになる #コーチング

コメント

タイトルとURLをコピーしました