iPhone SE(第2世代)にイヤホンは付属せず 同梱品はライトニングケーブルのみ

iPhoneスマホ・イヤホン

高額なiPhone 12に対してiPhone 11に近い性能を持った格安のiPhone SE(第2世代)の購入を考えている人は多いのではないでしょうか。ところが、2020年4月の発売当初と、パッケージ、付属品が変更になっているのを知っていますか。

この記事でiPhone SE(第2世代)の付属品と変更点をお伝えしていきます。

  • 付属品はライトニングケーブルのみ
  • 箱の厚さも半分に

この記事を最後まで読んでもらえれば、ではどうやってiPhone SE(第2世代)を使いこなせばよいのか、使いこなすにはどういうものを揃えればよいのかがわかります。

新品を購入するとイヤホンやUSB電源アダプターは当然ついてくる、と思っていると開けてびっくり、ということに。そうならないようにこの記事で、iPhone SE(第2世代)の実態と知ってもらえればと思います。

iPhone SE(第2世代)そのものの性能は決して変化していませんので、安心してください。

iPhone SE(第2世代)の付属品・同梱品はこれだけ

iPhone SE(第2世代)発売当時は従来の分厚い箱でした(写真右)。付属品、同梱品は次のものでした。

  • イヤホン(ライトニング端子)
  • ライトニング-USB-Aケーブル
  • USB電源アダプター
左;今のパッケージ   右;発売当初のパッケージ

それが2020年10月より箱の厚さが見直され、それに合わせて付属品も変更になりました。

  • ライトニング-USB-Cケーブル

iPhone 7以降の機種から乗り換える人はイヤホン(ライトニング端子)、ライトニング-USB-Aケーブル、USB電源アダプターがそのまま使いまわせますので、当面は困らないでしょう。

が、iPhone 6や旧iPhone SEから乗り換える人は要注意です。

イヤホン

イヤホンは、iPhone 6や旧iPhone SEのものは使えませんので要注意です。

ライトニングタイプイヤホン

ライトニング端子を利用する優先タイプのイヤホンを使用するには方法は次の2つの方法があります。

  • ライトニング-3.5mmイヤホンジャック変換アダプターを準備する
  • ライトニング端子のイヤホンを準備する
  • ワイヤレスイヤホンを準備する

ワイヤレスイヤホン

この機会にワイヤレスイヤホンを利用する方法があります。Air Podsに代表されるBluetoothイヤホンに買い替えるチャンスかもしれません。

created by Rinker
Apple(アップル)

充電

まず多くの人がすでに持っているUSB電源アダプターはUSB-Aのタイプと思います。今回付属のケーブルはUSB-Cなので、USB-Aタイプの電源アダプターをそのまま使うことはできません。

既に持っている、USB-Aタイプの電源アダプターとライトニングケーブル-USB-Aケーブルの組み合わせの利用が一番手っ取り早いでしょう。

その他の方法は次のものがあります。

USB電源アダプター(USB-C)

今回初めて購入する、もしくは、従来のUSB電源アダプターが壊れた、なくしたという人は、新たにUSB電源アダプター(USB-C)を購入する必要があります。

USB電源アダプターUSB-CとしてはApple純正では「20W USB-C電源アダプター(MHJA3AM/A)」がありますが、これと付属のケーブルを組み合わせることで、30分で最大50%充電の高速充電が可能になります。

このようなメリットのある電源アダプターUSB-Cですので、忙しい人や使用頻度の高い人にはお勧めです。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥2,780(2022/10/03 22:29:46時点 Amazon調べ-詳細)

ワイヤレス充電

ケーブルの規格をすべて解決できる便利な方法がワイヤレス充電です。iPhone SE(第2世代)はワイヤレス充電に対応していますので、これを機会に利用するのもいいかもしれません。ただし、ケーブルを使うより充電速度は遅くなります。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥19,557(2022/10/03 22:29:47時点 Amazon調べ-詳細)

なぜ箱は小さくなったのか iPhone SE付属品・同梱品が減った理由

最大の理由は環境への配慮です。炭素排出量を削減することを目的としています。

  • 使われなくなることが多い電源アダプターとイヤホンを付属品から外す
  • これから必要な高速充電に対応するUSB-C-ライトニングケーブルを付属品にする
  • 箱の小型化で70%多くの箱を運べる
  • 年間200万トン以上の炭素排出を削減できる

こういう理由なら納得できますね。

まとめ

iPhone SE(第2世代)のパッケージ、付属品が変更になり、付属品はUSB-C-ライトニングケーブルのみ。

イヤホンと、充電の準備は自分でする必要があります。

記事で紹介した商品に興味のある方は、以下のサイトから購入できますので、参考にしてください。

●ライトニング-3.5mmジャックアダプタ

●ライトニングタイプイヤホン

created by Rinker
Apple(アップル)
¥2,668(2022/10/04 21:22:00時点 Amazon調べ-詳細)

●ワイヤレスイヤホン

created by Rinker
Apple(アップル)

●USB電源アダプター(USB-C)

created by Rinker
Apple(アップル)
¥2,780(2022/10/03 22:29:46時点 Amazon調べ-詳細)

●ワイヤレス充電

created by Rinker
Apple(アップル)
¥19,557(2022/10/03 22:29:47時点 Amazon調べ-詳細)

イヤホンに関してはこちらでも詳しく解説していますので、併せて参考にしてみて下さい。

【レビュー】骨伝導ワイヤレスイヤホンBoCo PRACE TW-1
利用者の増えているワイヤレスイヤホン。その中でも耳への影響が少なく、周りの音も聞こえる骨伝導タイプは今後人気となること間違いなし。これからワイヤレスイヤホンを検討する方には、非常に使い易い世界初の骨伝導ワイヤレスイヤホンBoCo PEACE TW-1をおすすめします。
Sudioの1万円未満のイヤホンEttをレビュー!ワイヤレスノイズキャンセリングの実力は・・・ 
ノイズキャンセリング機能付き完全ワイヤレスイヤホンを考えているが、高性能のものは高いし、かといって何を選んでよいかよくわからない。そういう方にお勧めするのがSUDIOのEtt。1万円台というお手頃価格で、北欧発のお洒落なデザインの完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホンです。
ランニング向け 落ちにくい完全ワイヤレスイヤホン おすすめ5選
音楽を聴きながらランニング。楽しいですよね。でも常に激しい動きのあるランニングです。耳からズレたり、最悪外れたりしますよね。ランニング中にハズレにくいイヤホンがあればありがたいと思いませんか。ランニングに適した条件の1つは完全ワイヤレスであること。この記事では、ランニング向けの完全ワイヤレスイヤホンについてお伝えします。

#iPhone #付属品 #同梱品 #第2世代 #ヘッドセット #ワイヤレス充電

コメント

タイトルとURLをコピーしました