トーキングマラソン(アルク)を使った私の口コミを紹介!ネット上の評判も分析しました!

マラソンランナーとスマホ画面英会話教材・アプリ

トーキングマラソンは英会話教材で有名なアルクが開発した、スピーキング力強化に特徴のある英語学習アプリです。

英語、英会話に興味を持たれている方、これから勉強を始めようかと考えている方は、トーキングマラソンとはどのような英語学習アプリなのか、本当に英語力アップに役立つのか気になりますよね。

私が実際にトーキングマラソンを使った感想や口コミ、ネット上の口コミ・評判を詳しく紹介します。

これからトーキングマラソン始めたいと思っている人は、参考にしてもらえると嬉しいです。

トーキングマラソンを詳しく知りたい方は、こちらの公式サイトも参考にしてください。

\2週間無料お試しができる!/

トーキングマラソンを使ってみた私の口コミ・感想

トーキングマラソンはAIと会話をしながら、フレーズを定着させる内容になっています。会話のスキットは短く、30秒程度の会話で、話すフレーズもシンプルなものです。

使ってみて良いと感じた点、良くないと感じた点がありますので、トーキングマラソンを利用するかどうか迷っている方は、是非参考にしてください。

トーキングマラソンを使って感じた良くない点

良くないと感じたのは次の2点です。

  • 月額料金がかかる
  • 英会話超初心者にはレベルが高い(インプットが少ない)

それでは詳しく説明しましょう。

月額料金がかかる

トーキングマラソンは月額4,378(税込)かかります。オンライン英会話と同じくらいの金額ですね。ちょっとだけ試してみてみよう、というには少し高いです。金額だけ見れば少し高いと感じました。

ただ、トーキングマラソンは無料お試し期間が14日間と比較的長めに設定されています。この間に、自分に合うかどうか、続けられそうかどうか考えられますね。

英会話超初心者にはレベルが高い(インプットが少ない)

トーキングマラソンはフレーズを覚えるためのアプリですが、基本的には会話の流れにあったフレーズを瞬間的に声に出すアウトプット型のアプリです。

いきなりAIとの会話を始めますが、6秒以内に英語で答えなければいけません。答えの日本語は表示されていますが、やってみると6秒は短い!

フレーズの解説もないので中学英語が理解できていない人は、使いこなすのが難しいかもしれません。

トーキングマラソンを使って感じた良い点

トーキングマラソンを使ってみて良かった点は次の5点です。

  • 相手がAIなので恥ずかしくない
  • 直ぐに言い返す瞬発力が鍛えられる
  • 正しいフレーズが覚えられる
  • 発音練習もできる
  • 隙間時間が活用できる

それでは詳しく説明していきましょう。

相手がAIなので恥ずかしくない

トーキングマラソンの最大の特徴は、会話の相手がAIということです。

英会話の初心者にとって人間と英語で話す場合、英語で話すのが恥ずかしい、間違えたらどうしよう、と思うことがおおいですね。

その点、相手がAIだと恥ずかしくはありません。間違いを気にせず、どんどん話すことができるので、恥ずかしがり屋さんにはもってこいのアプリと感じました。

直ぐに言い返す瞬発力が鍛えられる

トーキングマラソンでの回答時間は6秒に設定されています。すぐに話し始めないとタイムアウトになってしまいます。6秒は結構短いですよ!

実際の会話で、フレーズは知っていても、瞬時に口から言葉が出ないことはよくあります。すぐに言葉が出なければ、会話のテンポが悪くなりますよね。

トーキングマラソンは、そうならないための瞬発力を鍛えるには非常に良いアプリと感じました。

正しいフレーズが覚えられる

トーキングマラソンでは決まったフレーズを正しく答えたかどうか、AIが判定します。判定は下の表のような基準があって、かなり正確に判断されます。

判定判定基準
Excellent一字一句間違いない
Great一字間違いもしくはかなり類似な英文
Good二字以上の間違いで類似な英文
You Can Do It似ていない英文
Speak Up回答していない
トーキングマラソンの判定基準

自分が回答した英文が表示されますので、どこを間違えたのか簡単にチェックできます。

自分で言えた、と判断するまで何度もWORK OUTが繰り返されますので、ゲーム感覚でフレーズを覚えることができました

発音練習もできる

トーキングマラソンでは、AIが発音を判断します。その判定、結構正確!

日本人の苦手なLとRもきちんと判定しています。ネイティブのようにきれいに発音する必要はありませんが、ある程度発音に気を付けないとEXCELLENTとなりません。

自分できちんと話しているつもりがAIに違う単語と認識されると、機械にバカにされている気がして発音にも気を付けて練習するようになりました。

隙間時間が活用できる

トーキングマラソンは「RUN(実践)」⇨「WORK OUT」⇨「RUN AGAIN(再度実践)」の流れで進みます。

「RUN」はAIとの会話で、おおよそ30秒程度で終わります。会話で自分が話すのは5回くらいです。短いフレーズを5つと、「WORK OUT」ではさらにいくつか知っておくと便利なフレーズが練習できますので、合計8つ位のフレーズを練習します。

それぞれのフレーズが5語前後ですから、8つ覚えるのに2分程度でしょうか。仕上げに「RUN AGAIN」が30秒くらい。合計5分程度ですので、隙間時間の活用で十分こなせます。

ただし、声を出せる環境が必要ですので、通勤・通学電車の中では気を付けて下さいね!

\2週間無料お試しができる!/

トーキングマラソンのネット上の評判・口コミ

トーキングマラソンのTwitterでの評判・口コミを拾ってみました。

悪い評判・口コミについては価格と内容といったところでしょうか。上級者には簡単過ぎるようです。

良い評判・口コミは瞬発力が身につく、フレーズが覚えられるといった英会話力向上の助けになるといったツイートが目につきます。

トーキングマラソンのネット上の悪い評判・口コミ

トーキングマラソンの良くない評判・口コミとしては価格に見合わない、内容が簡単すぎるといったものがありました。英会話上級者には物足りないのかも知れません。

トーキングマラソンのネット上の良い評判・口コミ

トーキングマラソンの良い評判・口コミとしては、発話練習がよい、瞬発力がつく、基本が身につく、フレーズが丸ごと覚えられるといった内容が多いです。

トーキングマラソンはこんな人におすすめ

トーキングマラソンは比較的簡単な短いフレーズを、会話のテンポにのせて発話するトレーニングができるアプリです。多くのシチュエーションが準備されており、場面場面に応じたフレーズが勉強できます。

このような特徴をもったトーキングマラソンは次の人たちにおすすめできます。

  • 会話の瞬発力を身に付けたい人
  • 人と話すのが恥ずかしく、オンライン英会話に抵抗がある人
  • 隙間時間を有効に活用したい人
  • 中学英語は理解できる人

トーキングマラソンの特徴であるフレーズの繰り返し練習と、会話の瞬発力はオンライン英会話ではなかなか鍛えにくい部分です。そういう意味では、オンライン英会話と使い分けて、まずはトーキングマラソンで鍛える、その後オンライン英会話で実戦練習という使い方もあるでしょう。

トーキングマラソンには、月に一度オンライン英会話を受講できるサービスもついていますので、有効に活用したいですね。

まとめ

トーキングマラソンは、隙間時間で簡単に英会話での瞬発力が鍛えられ、正しいフレーズが覚えられる英語教材です。発音の矯正にも役立ちます。

このような特徴をもったトーキングマラソンは次のような人におすすめです。

  • 会話の瞬発力を身に付けたい人
  • 人と話すのが恥ずかしく、オンライン英会話に抵抗がある人
  • 隙間時間を有効に活用したい人
  • 中学英語は理解できる人

迷われている方も14日間の無料お試しが準備されていますので、ぜひ試してみて下さい。解約は簡単なので、心配いりませんよ。

今回の内容が少しでも参考になればうれしいです。

\2週間無料お試しができる!/

#英会話 #アプリ

コメント

タイトルとURLをコピーしました