中古物件を購入する 住宅ローン① 借り入れ申し込みまでの流れ

家とお金引っ越し
スポンサーリンク

家を買う。これは非常に大きな買い物です。そのため、自己資金だけですべてをまかなえる人は少ないでしょう。ではどうやって住宅ローンを借りればよいのか、どういう流れで進むのか解らないですよね。

この記事を読んでもらえると、住宅ローンの借り入れ申し込みまでの流れが分かります。

  1. 申し込みのタイミング
  2. 住宅ローンの借り入れ申し込みの方法
  3. 申し込んでからどうなるのか

実際の経験をもとに書いていますが、金融機関によって、自己資金が多い少ない、年収、資産などその人の資金力によっていくらか違いますが、大きな流れは変わりません。

スポンサーリンク

住宅ローン 申し込みまでの流れ

住宅ローンの申し込みは、中古物件の購入の流れの中に組み込まれています。中古物件購入の全体の流れは下のページで詳しく解説していますのでそちらを見てください。

【完全解説】中古物件を購入する 物件探しから入居まで (m10blog.com)

物件探しから購入までの流れは次のようになります。この中で銀行が関係してくるのは赤のマーカーの所です。

  1. 購入の相談
  2. 不動産情報の紹介・提案
  3. 購入の申し込み(住宅ローンの事前審査)
  4. 売買契約の締結
  5. 売買契約後の手続き(住宅ローンの借り入れ申し込み/住宅ローン契約)
  6. 決済および不動産の引き渡し(住宅ローン融)
  7. 入居

それではそれぞれのステップを細かく見ていきましょう。

住宅ローンの事前審査

購入を申し込む際に、資金についてもある程度明確にすることが求められます。どういうことかというと、自己資金はどれくらいか、住宅ローンはいくら借り入れるのかです。

私たちが住宅を購入するのは大きな買い物であるのと同じように、売主にとっても大きな取引ですので、資金をどうするかはとても大事になります。

住宅ローンについては不動産屋さんの方でリードしてくれます。大手の不動産業者なら提携の銀行が何行もあり、一斉に事前審査の申し込みをしてくれます。その際にいつも取引をしているとかの理由で希望の銀行があれば伝えるようにしましょう。

ローンの事前審査に必要な書類は次の3つです。

  • 本人確認書類(運転免許証)
  • 健康保険証
  • 源泉徴収票

事前審査の結果は大体一週間でわかります。事前審査をパスした銀行からは、書類が送られてきたり、銀行によっては電話がかかって来たりします。その際に、利率も教えてもらえます。

因みに利率は人によって変わります。余裕で返済できそうな人の利率は低く、あまり余裕がなさそうな人の場合は高めに設定されます。なかなかシビアです。

住宅ローン 借り入れ申し込み

借りる銀行を決めると、銀行の担当者と連絡を取ります。こちらから「御行に決めました」と借りる意思を伝えると、担当者が面談の設定がをしてくれます。面談で何をするかというと、正式なローンの借り入れ申し込みをします。

必要な書類

申し込みに必要な書類は次のものになります。

  • 本人確認資料
  •  ①運転免許証 または パスポート
  •  ②住民票謄本
  •  ③印鑑証明書
  •  ④健康保険証
  • 年収確認資料
  •  ⑤源泉徴収票
  •  ⑥市区町村発行の所得証明書(住民税課税決定通知書)
  • 物件資料
  •  ⑦不動産売買契約書
  •  ⑧重要事項説明書
  •  ⑨現自宅の立建物謄本
  •  ⑩土地・建物・前面道路謄本、公図、測量図、建物図面
  • その他
  •  ⑪返済用普通預金口座の口座番号がわかるもの

本人確認資料

これは特に問題なく揃いますよね。住宅取得の際にも、引っ越した後にも住民票を取る機会は結構ありますよね。この機会に、まだの方はマイナンバーカードを作ることをお勧めします。

今回必要な書類でも ②住民票謄本 ③印鑑証明書 ⑥市区町村発行の所得証明書(住民税課税決定通知書)を市区町村の役場でとりますが、マイナンバーカードがあればコンビニで取得できて便利です(対応していない自治体もあるようです)。

年収確認資料

⑤源泉徴収票 は会社で簡単に取得できますよね。

⑥市区町村発行の所得証明書(住民税課税決定通知書) は先ほども書いた通り、市区町村の役場で発行してもらいます。コンビニを利用すれば、仕事を休んだり抜け出す必要がないので助かります。

物件資料

⑦不動産売買契約書 は物件を契約した際に作成しましたよね。

⑧重要事項説明書 は、宅地建物取引士の人、たいていの場合は物件の担当者が、1ページずつ細かく説明してくれた資料です。この資料の中に ⑩土地・建物・前面道路謄本、公図、測量図、建物図面 も一緒に綴じられていると思います。

現自宅の立建物謄本 は今住んでいる自宅の資料です。不動産屋さんに相談するとすぐに準備してくれます。これは持ち家の人だけで、賃貸の人は不要です。やはり、銀行は返済能力をこまめに確認するということでしょう。

その他

⑪返済用普通預金口座の口座番号がわかるもの ですが、通帳でもキャッシュカードでも大丈夫です。ただし、いつだけ条件があります。それは借り入れ銀行の口座であること。他行の口座は拒否されるはずです。

この口座は、ローン返済のために新たに開設する必要はありません

住宅ローンの借り入れ申し込み

書類を確認してもらったら、いよいよローンの申し込みになります。書類にきちんと署名してハンコを押して、と思うのですが、実はスマホから申し込みが出来ます。

不備があると修正しなければいけないので面談しながら操作するのが良いと思いますが、実は書類添付も含めて自宅で申し込みは可能です。申し込みには印鑑も不要です。

申し込みそのものは簡単にできるのですが、ローンの仕組みの説明や、ローンの時にだけ入れる保険の説明を受けたりします。ので、やはり、面談は必要になります。

その他説明事項

ローン契約を締結するまでに決めておかなければならないことを説明してもらいます。

  1. 金利種類
  2. 返済方法
  3. もしもに備える
  4. 借り入れ前の準備

1.金利種類

①変動金利型 ②固定金利特約型 ③超長期固定金利型 があります。

①変動金利型は一番金利が安いのですが、金融政策や経済環境に影響され、ローン返済という長期間の中で予想外の高金利になるリスクがあります。

②固定金利特約型は、①変動金利型より利率は高いのですが、一定期間金利を変動させないというものです。将来を見据えて一定期間の金利を確定させたい場合に便利です。

③超長期固定金利型は完全に利率を固定するものです。現段階では最も利率では不利ですが、将来的には最も有利になる可能性もあります。とにかく利率変動のリスクを完全回避できることが特徴です。

2.返済方法

①元利均等返済 と ②元金均等返済 があります。

①の元利均等返済は利子と元本を合わせて、毎月一定額返済する方式です。はじめは借入金が多いので、返済額における利子の割合が大きくなります。が、毎月一定というところがメリットになります。

②の元金均等返済は元本を毎月均等に返済、併せて利子を返済する方式です、ですから利子が多い初めのころは、返済額が高くなるというデメリットがあります。が、元本の返済が早いので次第に返済する利子が減ってくるというメリットもあります。

また、ボーナス返済も組み合わせることが可能です。これはご自身の収入と支出に応じて組み合わせてくださいね。

3.もしもに備える

銀行によって商品の種類が違うとは思います。ここでは一例を取り上げて説明しましょう。

  • ①ミックスプラン
  • ②インターネットバンキングでの繰り上げ返済・金利種類変更
  • ③8大疾病保証付住宅ローン
  • ④自然災害時返済一部免除特約付き住宅ローン
  • ⑤連生団体信用生命保険付き住宅ローン

①ミックスプランですが、変動金利型、固定金利特約型、超長期固定金利型の中から組み合わせることができます。例えば半分を変動金利型、半分を超長期固定金利型とすることで、リスク分散することができます。

②インターネットバンキングでの繰り上げ返済・金利種類変更は簡単に言えば、スマホアプリから手続きすれば、繰り上げ返済、金利種類を変更する際の手数料がお得ですよ、というものです。全額繰り上げ返済、一部繰り上げ返済、金利種類変更の際に、窓口に対して手数料がお得になるというものです。

③8大疾病保証付住宅ローンとは、ガンや脳卒中などの8大疾病によって働けなくなった場合にローンを免除されるというものです。もちろん病気によって免除の条件は異なったりしますが、もしもの際には助かる保証ですね。

④自然災害時返済一部免除特約付き住宅ローン は地震、洪水、津波などの自然災害で自宅が半壊以上の判定を受けた場合、ローンの返済を一部免除されるというものです。火災保険でカバーしきれていない部分を補う保険となります。

⑤連生団体信用生命保険付き住宅ローン(クロスサポート) は夫婦の両方で住宅ローンを借りた場合、どちらかに万一のことがあった場合、ローンの返済の必要がなくなるというものです。通常は主人がなくなられた場合、ご主人のローンは免除されますが、奥さんのローンは残ります。残された家族の生活が守られるというものです。

今後の流れ

申し込みから1~2週間で結果が出ます。ローンが許可されると、次はローンの契約になります。その次が物件の引き渡し、つまり融資が行われる日です。

物件の引き渡しの日に、物件の残金を清算し、銀行の手数料を支払うことになります。その3~4営業日前までにローン契約を終える必要があります。この辺りは、不動産屋さんにうまく日程を調整してもらった方がスムーズに運ぶと思います。

この辺りについては、次の記事でお伝えしたいと思います。

まとめ

ここで物件探しから購入までの流れをもう一度確認しておきましょう。

  1. 購入の相談
  2. 不動産情報の紹介・提案
  3. 購入の申し込み(住宅ローンの事前審査)
  4. 売買契約の締結
  5. 売買契約後の手続き(住宅ローンの借り入れ申し込み/住宅ローン契約)
  6. 決済および不動産の引き渡し(住宅ローン融)
  7. 入居

住宅ローンは単にお金の貸し借りというより、銀行で準備されている様々なオプションをうまく取り入れて、自分たちのライフプランをより安心できるものにすることにあります。これらは、契約までに家族でよく話し合っておいてください。

便利だからと全てオンラインで完結させるとついついお得情報を見逃してしまうことになります。今回紹介した面談は約2時間を要します。人によってはもっと長い人もいるでしょう。

が、これから長ければ35年間のお付き合いになる訳です。じっくり相談されることをお勧めします。物件購入から入居までの流れをおさらいしておきましょう。こちらの記事にもまとめていますので参考にして下さい。

【まとめ】中古物件を購入する 物件探しから入居までの流れを解説  
家を買う。これは非常に大きな買い物です。いろいろな情報を集め、いろいろな角度から検討して判断したい、と思いますよね。中古物件の場合、購入の決断にスピードが求められます。物件を検討始めてから、その流れの速さについていけず折角のチャンスを逃すことがないよう、購入までの流れ見ていきましょう。

これから住宅ローンを検討される方はこちらのサイトが便利です。ご検討ください。

【住宅本舗】まずはシミュレーションから

#中古住宅 #住宅取得 #住宅ローン #申し込み

コメント

タイトルとURLをコピーしました